天の川、星景写真 LightLoomでの現像方法を紹介! 実はレタッチって簡単なんです

LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
  

天の川撮影が捗る夏に向けて天の川、星景写真の現像方法を紹介していきます。私はLightLoomをメインで使用しています。星景写真の撮影方法などはこちらをご覧ください。

 紹介している撮影方法は、赤道儀を使用していませんので割とお手軽に撮影できます。

綺麗な星空や天の川を綺麗に撮影したい!ソフトフィルターのメリットや、設定を紹介

1.天の川、星景写真の現像(レタッチ)の難しさとは?

星景写真の画像編集の難しさって何でしょうか。個人的には自由度の高さだと思います。

というのも、夜空の写真は多少色がついていても違和感を覚えづらいからです。青めの空、紫がかった空、オレンジっぽい空など、星空の写真を検索すると様々な色味の写真が見受けられますね。

2.紹介に使う写真はソフトフィルターを使って撮影した写真

今回現像する写真はソフトフィルターを使った写真です。なぜソフトフィルターを使った写真なのかというと、星の色がわかりやすいからです。星景写真などのレタッチ入門におすすめです。

色の変化がわかりやすいので是非試してみてください。

Retina_zoomzoom
ソフトフィルターありの星景写真

ソフトフィルターありだと、明るい星ほど大きな円になるので色がわかりやすくなります。

黄色っぽい星、青っぽい星、紫っぽい星などが見受けられます。

3.実際にLightLoomを使用してレタッチ開始

 では写真と、撮影時の設定です。ISOを3200まで上げているので少々ノイジーです。ISOを上げると色をだしづらくなります。

焦点距離:24mm 絞り:f/2.0 シャッタースピード:8s ISO3200
カメラ:D610 
レンズ:Sigma 24-35mm  f/2
 
LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
レタッチ前の写真
LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
ヒストグラムを確認

ヒストグラムを確認です。正直ちょっと暗めですね。撮影時にしっかり確認しましょう。

左の図の3200と24の間近くまで山が来るくらいが良いでしょう。

4.基本補正 露光量とコントラスト

まずは露光量を上げます。ヒストグラムの1/3~1/2くらいに山を持っていきます。露光量を上げることで全体の色味を見やすくすることが目的です。 
LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
基本補正:露光量を上げる

次にコントラスト、ハイライト、シャドウを調整します。

コントラスト:上げることで明るい星をより明るく、夜空を暗くする。
ハイライト:明るい部分をより明るく。
シャドウ :暗い部分をより暗く。

調整時には極端にスライダーを動かして、画像の変化を直感的にとらえます。コントラストとシャドウは画像に対する影響度が高いです。特に星の写真では…。

LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
コントラスト、ハイライト、シャドウの調整
LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
基本補正

ここまでの調整でこのような感じになっています。

露光量で明るくして、コントラストとシャドウで星と空をはっきりさせました。

 次に色温度と色かぶり補正を調整し、全体的な色味を変えていきます。

5.基本補正 色温度と色かぶり補正

色温度と色かぶり補正のスライダーで全体的な色味を調整します。この2つの調整は画像の雰囲気を大きく変えます。私が気を付けているのは、星によって異なる色をつぶさないようにすることです。また、画像の中央部の紫色、左下のオレンジがかった部分をなくさないように意識しました。 色温度と色かぶり補正はかなり調整がシビアです。場合によっては数字部分に直接数値を入力します。色温度を青にふって全体的に青っぽく仕上げるのもいいですね。色かぶり補正をピンクにふって紫っぽくしたり。
LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
色温度、色かぶり補正

6.トーンカーブ調整

 トーンカーブ調整でもコントラストを上げるよう調整しています。暗いものは暗く、明るいものは明るく。明るくし過ぎると色を失ってしまうので要注意です。

この段階で彩度は一切いじっていませんが、何とか色が出ています。

LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理
トーンカーブ調整

7.周辺減光を調整

四隅の周辺減光がかなり大きかったので、調整しました。

 彩度の調整は今回手を付けていませんが、基本的な手順はこのようにレタッチを行っています。天の川を際立たせる処理などを追加で実施する場合もあります。

LightLoom 天の川 星景写真 レタッチ 現像 画像処理 ISO

8.まとめ

以上が基本的な天の川、星景写真のレタッチ手順となります。今回使用した写真はノイズがかなり乗っていましたので、思ったような色が出せませんでしたね。

 また、ソフトフィルターを使用していることで天の川もモヤっとしてしまいました。

こちらに天の川や星景写真の作品がありますので、よかったら見てください。

次へ

スポンサーリンク