どちらがお好み?ソフトフィルターの有無 天の川、星撮影 

天の川 ソフトフィルター有無


今回はソフトフィルターについてです。
以前もやってますが、色々と思うところもありましたので紹介したいと思います。

というのも、赤道儀を導入しまして写真のレベルが上がりました。
腕が上がったのではなく、写真のレベルが上がったというのが笑えないところです。

赤道儀については別の機会に紹介するとして、これによってノイズが少ない写真が撮れるようになりました。そうすると、ソフトフィルターの有無でも見え方が少々変わってきます。

天の川 ソフトフィルター有無

天の川 ソフトフィルター有無

ソフトフィルター有り

左の写真ですね。
夏の大三角形と一緒に天の川を写しています。言うに及ばず、メリットは星の明るさに比例して大きさが大きくなります。

星座を把握するにはソフトフィルターを使わないとわからないと言っても過言ではありません。

しかし、もちろんデメリットも存在します。
ソフトフィルターの本来の使い方は、全体的にぼかして柔らかく見える効果を狙うことです。
それが天の川にどう影響するかというと、天の川の色がついてる部分のシャープさが失われます。

ではソフトフィルターなしと比べましょう(同じ写真を下に貼ります)

天の川 ソフトフィルター有無天の川 ソフトフィルター有無

ソフトフィルターなし

ソフトフィルターなしは右の写真です。
かろうじて夏の大三角形がわかる…かな。星座を把握するのは至難の技ですね。

では天の川をみてみましょう。
左の写真に比べて色のついた部分がシャープに写ります。…この写真はちょっと分かりづらいですね。

今回撮影して感じたのは、天の川のみに焦点を当てたい場合はソフトフィルターなしの方がいいかもしれないということです。

天の川の黒いまだらのような部分も、ピンクや黄色く見える部分もしっかり伝わります。
星が大きく写るとそちらに目がいってしまいますからね。


天の川

24mm f/2.8 65s ISO800
(D610 Sigma 24-35mm f/2)

まとめ

ソフトフィルター有り
メリット :星座がわかりやすい、ブレてもバレにくい
デメリット:天の川が目立たない、星が主役になってしまう

ソフトフィルターなし
メリット :天の川が主役になる
デメリット:星座がわかりづらい、ブレにシビア

天の川を基準に考えるとこんな感じでしょうか。
最近までは、星を取るならソフトフィルター!と思っていたのですが少々考え方が変わりました。

時間が許せば、ソフトフィルター有りもなしも同じだけバシバシ撮影したいですね。

⬅︎前のページへ戻る

星座、天の川の記事まとめ

使用したソフトフィルターはケンコーのプロソフトンのAです。Aは効果弱めですが、紹介した写真の効果が得られます。

スポンサーリンク